スキップしてメイン コンテンツに移動

KYOTO 京都

日本が舞台。to-fuです。
ライナー・クニツィアの考案したゲームです。
世界観があるゲーム、好きです。

○世界観○
日本庭園が改修されることになり、日本中から腕の立つ庭師が京都に集められました。あるものは池を作るのに巧みであり、あるものは苔むした庭を好み、枯山水の庭に秀でているもの、京都の秋を彩る紅葉を取り入れようとするなど、それぞれの庭師には得意とする分野の違いがあります。プレイヤーは庭師となり、お互い協力して美しい庭を作るだけでなく、自分はできるだけ自分が得意とする分野の庭を作ろうとします。得意な分野は倍の得点が得られるからです。

○コンポーネント○
庭タイル 48枚
スタートタイル 1枚
プレイヤータイル 4枚(池、紅葉、苔、砂利)

○ルール・得点計算○
①各プレイヤーはプレイヤータイルを引きます。タイルの絵が、そのプレイヤーの得意分野です。
②順番を決めます。
③スタートタイルを配置します。
④手番のプレイヤーは、山札からタイルを1枚引き、既に置かれている少なくとも1枚のタイルと
辺がぴったり合うように置きます。
※辺が半分だけ重なるような置き方はできません。
⑤タイルを置いたら得点を計算します。
 得点は分野ごとに計算します。
 置いたタイルと、既に置かれているタイルの分野が同じであれば1点です。この分野が連続してタイルにつながっている場合には、タイル1枚につき1点になります。
※自分が置いたタイルは得点としてカウントされません。
⑥得意分野の場合は倍の得点になります。

○勝敗○
得点の一番大きいプレイヤーの勝利です。

※1人プレイ
①得意分野はありません。
②5×5のエリア一杯にタイルを置いたら終了です。
 高得点を目指します。


&&&
なるほど…
ルールを書いていて意味が分かってきました(笑)
まだやったことがありません、このゲーム。
タイルゲームはカルカソンヌが至高!と思い込んでいるのかもしれません。改めなくては。どのゲームにもそれぞれ違う面白さがあるわけですからね。
そんな訳で、このゲーム、1人プレイもできるみたいなので挑戦しました。



94点!

画像右側の苔を地道に育てました。2つ繋がっていないと別のタイルに連結できないから、2つ以外は反対の方向に押しやりました。でも、そうすると5×5を越えそうになる…うまく内側にタイルを入れつつ、点数を取れる配置に置く…

1人ボードゲーム、かなり楽しい。

複数人でやるボードゲームはわいわい楽しくできますが、1人だと真剣そのもの。綺麗に庭を作ろうと考えを巡らせていたらいつの間にか5×5。終了。
次は100点越えしたいなぁ。

コメント

このブログの人気の投稿

ゲームマーケット2018春に行ってきました!

参加してきました!
ふーたです。


ゲームマーケット1日目に参加してきました!
圧倒的な人数の多さ!長袖を着ていきましたが、熱気+天候で暑かったです…
とにかく、至る所に人、人、人。
ゲームを買うのも、見るのも行列がそこかしこにあって、早々に退散してしまいました(;・∀・)
滞在時間は約1時間半。
それでもざっと見渡せたし、欲しいものも買えたのでよしとしましょう!

早速、購入品一覧をば。


1 カルカソンヌ専用スリーブ
SWANPANASIAさんで購入!
1袋300円、2袋で500円だったので、合計6袋、1500円のお会計です。
これが!これが欲しかった!カルカソンヌ愛に溢れている(プレイ自体は弱い)ので、これを買えただけで今回のゲムマ参加には意味があったと思います!
ちなみに、1袋100枚くらい入っているみたいなので、今後タイルが増えても充分な量を買えたと思います。
ただ気になるのが、ミニ拡張の『ドイツの城』とか『ライプチヒの市場』とかのダブルタイルはどうやってスリーブへ入れれば良いのか…笑

2 カルカソンヌ ミープルホルダー
DIY卓屋さんで購入!6個で2000円。
これもマストバイなやつ!買えてよかった!カルカソンヌボックスに収納しよう♪
ミープルの残数も分かるし、得点計算の仕方もおしゃれに書いてあるので次から絶対使います!

3 ZOGEN と ふくろと金貨
オインクゲームズさんで購入!1個2000円で合計4000円のお会計。
ゲームマーケット大阪でZOGEN、今回のゲームマーケット春でふくろと金貨がリリースされたので、まずはふくろと金貨は購入せねば、と。ただ、このゲームは3人からなので、遊ぶのはジラフィズムのゲーム会でかなぁ。
ZOGENは買うか迷ったけど、2人からできるので買いました!ルールも簡単そうなので、遊ぶのが楽しみです。
オインクさんの小箱は綺麗だから、全部集めたい欲がすごいです…そしていつかゲーム会のテーマを『オインクゲームズ』にして遊びたいです。

4 ボブジテン2 と ボブジテン3
TUKAPONさんで購入!1個1500円で合計3000円のお会計。
ボブジテンはわいわい楽しめるワード系のゲーム!特殊キャラで1ではカタコトだったけど、2ではジェスチャー、3では漢字のみらしいですね。全部混ぜて遊んでも楽しそうです。

5 影武者
時計回りの会さんで購入!…

ボードゲーム整理

のんびりボードゲームを整理してたら1日が終わりました。
To-fuです。

昨日届いた『アグリコラ ファミリーバージョン』と『ドミニオン:帝国』の整理をしていたら1日が終わっていました。びっくり。

まず、ネットで『アグリコラ』をどのように収納すれば良いのか検索したところ、100円ショップで収納ケースみたいなセパレートされてるやつを使うと良いと書かれていたので、Seriaで買ってきました。
その収納ケースにコマやタイルを入れていったのですが、1区画に1種類のコマが入らないものもあって、結局収納ケースは2個使うことに。そのせいで、箱の収納がぴったりではなくなりました←
あとで買い直してきます←

あとは、『ドミニオン:帝国』のカードにスリーブを付ける作業。
これも、Seriaでスリーブを買ってきました。
Seriaでは、スリーブのサイズがSとLの2種類があって、今回はSを10個買いました。

ですが...ドミニオンは、Sサイズではぎりぎり入りません。上の部分が少しはみ出します。
なので、Lのスリーブを使わないといけないのですが、残念ながら、今日買ったスリーブは全てSサイズ。

仕方がないので、過去にLを使ったカードゲームのスリーブを外して、ドミニオン用にしました。
そのカードゲームがこちら

↓↓↓↓↓↓



左下から
ゲシェンク
ハゲタカのえじき
ソロ
ヒット・ザ・デック
左上から
フェレータ
コロレット アマゾネス
渡る世間はナベばかり
ストップ

そして、右端にはLスリーブ×2。
上のカードゲームを全てSスリーブに替えた結果出てきたスリーブたちです。
これで、どうにか『ドミニオン:帝国』はスリーブに入れることができました!
ただ、1つ問題が...

過去のドミニオンシリーズと、【スリーブの大きさが異なる】...
つまり、拡張を入れて遊ぶ際に、『帝国』と一緒に遊ぶと、スリーブの大きさが違うからすぐにわかってしまう訳です。これはまずい。
なので、これから少しずつ少しずつ、過去の拡張用にSeriaでLサイズのスリーブを買っていこうと思います。
1つの拡張でカードが300枚あるとすると、Lスリーブが350枚(540円分)だから、単純に拡張9個で約5000円くらいですね。

少しずつ変えていこう。のんびりやっていくことにします。


まだやったことはないけれど、よかったらどうぞ。
↓↓↓




青の数学 2

To-fuです。
今日は振替でお休みの日。



土曜日に出勤したので、今日はお休みです。
そんな訳で、朝から読書していました。

『青の数学 2』

数学小説。
数学小説と言えば、『浜村渚の計算ノート』や『数学ガール』を思い浮かべます。『数学ガール』は読んだことないけれども...

今回は、栢山の高校1年生の夏から冬にかけてのお話でした。
そしてエピローグとして、前巻振りに京が登場。
『京の数列』の解答も披露されていました。
次の巻では数学オリンピック編かな?それとも、2年生編?

数学っていいなーと改めて思いました。

『才能がなくても、やっぱり離れられない』

確か新開がこんな感じのことを言っていて、かなり羨ましく感じました。
自分の高校時代を思い返してみても、数学は単に大学受験のツールでしかなかったから、自由に数学をするなんて、羨ましいです。

そういう思いもあって、最近『群論』を学び始めているのかもしれないなぁ。

『数学ガール』も然ることながら、他に数学小説があったら読んでみたい今日この頃。







&&&


さて、今日は
・部屋の片付け
・ドイツ語勉強
・数学勉強
・ボードゲーム整理
の少なくとも1つはやろう(笑)